ヤサシイエンゲイ

雄花と雌花で形が違う

カタセタム(カタセツム)

カタセタム
科名:ラン科
学名:Catasetum
原産地:中・南アメリカ
草丈:20cm~40cm
主な開花期:冬~春
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(ふつう)

くわしい育て方

 

カタセタム(カタセツム)とは

雄花の突起
名前の由来になった2本の突起

中南米におよそ70種類が分布するランの仲間です。樹木などに根を固定して生活する着生ランです。生育期は縦に筋が多く入る大きな薄い葉を5~6枚だします。生育期も半ばを過ぎると株元は徐々にふくらんできてバルブを作ります。乾期(日本では主に冬)になると、葉を落として休眠に入ります。葉を落とした姿は、丸みのある小さなタケノコ(バルブ)が鉢から生えているようです。春になるとバルブから新芽を出して、また新たなバルブを作ります。古いバルブは新芽が育って行くにつれてシワがよって小さくなりますが、数年は残ります。

休眠期にバルブのつけ根当たりから花茎を弓状、もしくは下向きに伸ばして10輪ほどの花を咲かせます。花には雌花と雄花があり、同じ種であっても姿や色が異なります。 色は地味めが多いですが、形はユニークです。

名前はギリシア語のカタ(下)とラテン語のセタ(突起)からなり、雄花の蕊柱(ずいちゅう:雄しべと雌しべを一体化したような器官)に2本の触角のような突起があることにちなみます。ラベルなどに書く際の略号は『Cstm.』です。

雄花と雌花
ピレアツムの雄花
雄花(ピレアツム)
雌花
雌花(種不明)

形の違う雄花と雌花を咲かせるのが、このランの特徴の一つとなっています。1株に両方付いたり、雄花と雌花の両方を合わせた中間的な花が咲くこともあり、はっきりとは言えないのですが、小さな株には雄花、しっかりした大きな株には雌花が付く傾向があります。

雄花は種によって色や形、大きさが異なり、バラエティーに富みます。主に観賞しているのは、雄花が多いと思います。蕊柱の突起部分に触れると塊状の花粉が勢いよく飛び出す、おもしろい性質があります。

雌花は花びらの一部が袋状になり、上下逆さまに咲くものが多いです。どの種も形は似ており、色も緑黄色が多く、やや控えめです。

種類
〔〕内は学名

バルバツム〔Ctsm. barbatum〕 南アメリカに広く分布します。主な開花期は春で、花茎は垂れ下がるように伸びます。雄花は緑地に褐色の斑点が入ります。花びらの一部(唇弁)は白い毛が生えたように細かく羽状に分かれます。
ピレアツム〔Ctsm. pileatum〕 南アメリカ北部に分布、主な開花期は冬~春です。雄花はにごりのないレモン色の花を咲かせますが、変異が多く白や赤の花を咲かせるものもあります。
テネブロスム〔Ctsm. tenebrosm〕 ブラジル原産、主な開花期は春~夏です。雄花はチョコレート色で一部(唇弁)は緑黄色です。
レベッカ・ノーザン〔Ctsm. 'Rebrcca Northen'〕 小型の交配種、主に開花期は冬~春です。花色は少し紫色がかった淡いピンクで弱い芳香があります。花びらの一部は細く裂けて、毛が生えたようになります。

関連するページ
カタセタムの育て方
カからはじまる植物
ランの仲間