ヤサシイエンゲイ

ピンクのしっぽ

カライトソウ(唐糸草)

カライトソウ
科名:バラ科
学名:Sanguisorba hakusanensis
原産地:日本(本州中部)
草丈:50cm~1m
主な開花期:7月-10月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

〔〕内は学名、S.はSanguisorbaの略

カライトソウとは

本州中部に分布し、主に高山や亜高山の草原に自生します。園芸のジャンルで括るなら山野草の仲間ということになります。 草丈は50cm~1m、茎は上の方でよく枝分かれします。葉は楕円形で、フチに波形のギザギザが入ります。よく見ると存外に可愛らしい形の葉っぱです。

夏にだらんと垂れたシッポのような穂状の花が咲きます。花は先端から根元に向かって咲き進みます。目立つ花びらはもっていませんが、雄しべ(花糸)が紅紫色で1cmほどの長さがあり、花の外に突出したような感じになります。カライトソウの名前はこの雄しべを唐糸(絹)に見立てたものです。逆光が射す場所では、花糸が光を透過して輝くような美しさがあります

そんな魅力的なカライトソウですが、花糸は繊細な糸のようで、雨に当たるとぺしゃんと寝てしまい、見栄えが悪くなるのが残念です。ずぶ濡れの猫のようです。また、花持ちはあまりよくなく、美しい期間は短いです。時間の経過とともに色が白っぽく抜けて茶色く枯れます。茶花や庭植えで利用されます。

カライトソウの仲間(ワレモコウ属)は北半球に15種が分布しており、日本には本種も含めて7種が知られています。園芸でもよく知られているものに、ワレモコウ〔S. officinalis〕やオランダワレモコウ(サラダバーネット)〔S. minor〕があります。

関連するページ
カライトソウの育て方
バラ科
山野草