ヤサシイエンゲイ

カレーバイン(ビグノニア)の育て方

カレーバインノウゼンカズラ科 学名:Bignonia capreolata 用途 鉢植え 露地植え
難易度 バー バー バー バー バー(そだてやすい)

耐寒性 バー バー バー バー バー(つよいほう)

花はラッパ型で外側が赤褐色、内側が暗めの黄色で名前のとおりカレーのようなスパイシーな香りがします。色も何となくカレーっぽいです。バインはつるのことです。

栽培カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
      バー バー              
花芽形成
          バー バー バー バー
切戻し・さし木
        バー        
植え替え
      バー バー        
肥料
      バー バー バー   バー バー

手入れ
花後、不要に長く伸びたつるや混み合った部分のつるを間引くように1/3~半分くらいに切り詰めます。夏には翌年の花芽が作られるので、それ以降は必要がないなら(枝が混みすぎたり長くなりすぎた場合を除き)あまり枝を切らない方がよいでしょう。

巻きひげと吸着根でいろいろなものにからみついていくので、棚にしたりアーチやフェンス、ポールに絡ませて仕立てます。石垣の上などから下に向かって垂らす方法もあります。鉢植えは基本的にあんどん仕立てにします。

日当たり・置き場所
日当たりの良い環境を好みます。半日陰くらいまでならよく育ちますが日陰では生育が悪いです。

寒さにやや弱いですが、性質自体は強健で低温で落葉しますが、0℃以上の気温があれば枯れることはありません。また慣れれば少々の霜にも耐え、関東中部以西なら地植えで育てられます。ただしつるがよく伸びて年々株が大きくなっていきますのでスペースに問題がある場合、注意が必要です。鉢植えは寒風を避け、日のよく当たるベランダなどで育てます。

水やり・肥料
やや乾燥を嫌い湿り気のある土壌を好みますが、じめじめした水はけの悪い環境ではよく育ちません。夏は極端に乾燥させないようにしましょう。

地植えはほとんど肥料を与えなくても生育や花付きに影響しません。逆にやせ地の方がよく育ち花付きも良い傾向があります。鉢植えは生長を見ながら適宜肥料を与えます。ただし、窒素分が多いと生育にあまり良くないので気をつけましょう。

かかりやすい病害虫
ウドンコ病が発生することがありますが、深刻な被害になることは少ないです。

植え替え
鉢植えは1年に1回、花後に不要な枝を切り詰めて植え替えます。地植えは必要はありません。

ふやし方
さし木でふやすことができます。適期は花後の6月です。

ポイント
・日当たり~半日陰で育つ
・肥料は極力控える
・適湿な土壌を好みやや乾燥を嫌う

関連するページ
カレーバイン(ビグノニア)とは
ノウゼンカズラ科
つるの伸びる植物