ヤサシイエンゲイ

メジャーではないが、美しいラン

キシス

キシス
キシス リミンギー〔Chysis limminghei〕
科名:ラン科
学名:Chysis
別名:チシス
原産地:メキシコ~アンデス山脈
草丈:30cm-40cm
開花期:4月~6月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(ふつう)

くわしい育て方

〔〕内は学名

キシスとは

メキシコからアンデス山脈(ベネズエラ、ペルーなど)にかけて、およそ6種※が分布するランの仲間です。樹木やヤシ類、湿った岩上などに根を張り付かせて生育する着生種で、ランの中では中ぐらいのサイズです。

※分類はあいまいで『2種とその変種』とする考えもあります

見た目・生活

バルブ(茎)は中程がずんぐりした紡錘形や、こん棒状で下垂します。長さは種によって多少異なりますが、おおよそ20cm~40cmになります。葉っぱは薄手で先端の尖った楕円形、縦方向に何本も筋が入ります。バルブの左右に3~5枚つきます。

春に新芽を出すと同時に花芽を伸ばして3~10輪の花を咲かせます。花びらは分厚いロウ質で色は乳白色、レモンイエローなどですが、変異が多く一概には言えません。芳香のあるものが多いです。 春~秋は新芽を伸ばして葉を広げて生育し、バルブが肥大して、冬には葉を落として休眠します。

名前の由来

キシスはギリシア語で「融解」という意味です。これは、花粉塊がやわらかくてロウ質なことにちなみます。中心にある花びら(唇弁)の入口に筋状の隆起が並んでおり(右画像)、その様子を乳児の歯に見立て、英名で『ベイビー・オーキッド』とも呼ばれるそうです。

仲間 

アウレア〔Chysis aurea〕
メキシコ~コロンビアにかけて分布します。花色はレモンイエローですが、茶褐色の模様が入るなど、変異が大きいのが特長です。

ブラクテッセンス〔Chysis bractescens〕
メキシコ、グアテマラ、ホンジュラスに分布します。花色は乳白色でアウレアの変種とすることもあります。

 

関連するページ
キシスの育て方
ランの仲間