ヤサシイエンゲイ

枝にポンポンと付く手まり状の花

コデマリ

コデマリ
科名:バラ科
学名:Spiraea cantoniensis
原産地:中国
別名:スズカケ
樹高:1m-1.5m
開花期:3月~4月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

〔〕内は学名、S.はSpiraeaの略

コデマリとは

中国原産の落葉低木で、名前は小さな手毬状の花姿に由来します。日本でも古くから知られており、「スズカケ(鈴掛)」の古名があり、江戸時代の初めには庭木などに利用されていました。現在でも庭木として親しまれているほか、切り花としても広く利用されます。寒さに強く土質もあまり選ばず、剪定もあまり必要がないなど、手入れしやすいので公園などにも広く植栽されています。種小名のカントニエンシス(cantoniensis)は「広東産の」の意味で自生地に由来します。

樹高は1m~1.5mで枝は細くて長く伸びたものはゆるく弓状にしなります。主な開花期は4月~5月で、5枚の花びらをもつ径7mm程の小花がまとまって咲き、およそ3cmの手毬状になります。満開時は枝に沿ってびっしりと手毬状の花が付き、その姿は見事です。秋に紅葉して、冬は葉を落とします。

変種に花びらがたくさん付いて、少し重たそうな花姿になるヤエコデマリ〔var. plena〕があります。 同属で近い仲間にシモツケ〔S. japonica〕やユキヤナギ〔S. thunbergii〕があります。オオデマリ〔Viburnum plicatum var. plicatum〕は名前こそ近いですが、全く別の植物です。

関連するページ
コデマリの育て方
バラ科
花木・庭木