ヤサシイエンゲイ

光沢のある葉と明るい花の組み合わせがきれい

クロッサンドラ

クロッサンドラ
科名:キツネノマゴ科
学名:Crossandra
和名:ヘリトリオシベ ジョウゴバナ
原産地:熱帯アフリカ-インド
草丈:15cm~80cm
主な開花期:6月-10月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

※〔〕内は学名 C.はcrossandraの略

クロッサンドラとは

クロッサンドラは熱帯アフリカ-マダガスカル-インドにかけて約50種が分布する低木、もしくは毎年育つ多年草で、その中の数種が観賞用に栽培されています。

クロッサンドラとはギリシャ語のクロッソス(房飾り)とアネラ(雄)の2語から成り「房飾りのある雄しべ」と言う意味で、雄しべの葯の姿に由来します。ヘリトリオシベと言う別名もそこから来ているのでしょう。

よく栽培されているのはインド原産のインフンディブリフォルミス種〔C.infundibuliformis〕です。日本には大正初期に渡来、いくつかの園芸品種も知られます。葉の付け根から花茎を伸ばし、その先端にウロコが重なったようなさや状の「花序」を付け、朱橙色の花を咲かせます。日本での主な開花期は初夏-秋です。しかし、10℃以上気温があれば季節に関係なく花を咲かせ、温室では周年花を見ることができます。

他に黄色や赤色の花を咲かせる品種もあります。本種は変異が多く、個体により花付きなどの性質に差があります。インフンディブリフォルミスは「ろうと形の」の意味で花のかたちから来ています。また、別名のジョウゴバナも同じ理由です。

花が大きめのスーパーキャンドルという品種が苗や鉢花で広く出回ります。

他の品種

クロッサンドラ・プンゲンス〔C.pungens〕 
熱帯アフリカ原産。花は橙黄色、葉が濃緑色で葉脈の部分が銀白色になります。

クロッサンドラ・フラーバ〔C.flava〕 
熱帯アフリカ原産の小型種。草丈は20cm前後で花は鮮やかな黄色、主に冬から春に開花する。

関連するページ
クロッサンドラの育て方
キツネノマゴ科