ヤサシイエンゲイ 私家版

豪華で美しい花サボテン

クジャクサボテン

クジャクサボテン
科名:サボテン科
学名:Epiphyllum Hybrid
別名:オーキッド・カクタス
原産地:中南米
草丈:60cm〜1.5m
主な開花期:4月-6月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(ふつう)

くわしい育て方

 

クジャクサボテンとは

中南米原産のいろいろな属のサボテンがかけあわさってできた園芸品種群です。主に雨の少ない山岳地帯や高原の草原や林内に自生する、森林性サボテンと呼ばれるグループに入れられます。花を楽しむいわゆる「花サボテン」で鉢植えで栽培するのが一般的です。

葉(茎節)は平たくて細長いコンブや三角柱のような姿で地際からにょきにょきと伸びてきます。フチはゆるやかな波状のぎざぎざになります。チクチクとするトゲは持ちません。いちおう直立するのですが、伸びてくると斜めにかしいでくるのでアサガオなどでよく利用するあんどん支柱を立てて横に広がらないようにして育てることが多いです。

主な開花期は春から初夏です。光沢のある透けるような薄い花びらが重なって整形をなし、絹糸のような繊細な雄しべを持つ艶のあるゴージャスな花で、オーキッド・カクタス(ランのようなサボテン)の別名もあります。花の大きさや色は種によって様々です。大輪種で直径30cm、小輪で5cm、花色は主なものとして、白・黄・朱色・オレンジ・ピンク・紫などがあります。草丈も小型種は30cm前後、大型種は1mを超します。元気に生長するのは春と秋で、の暑い時期は半ば成長が止まり、冬は休眠します。

夜に白い大輪の花を咲かせるゲッカビジンもクジャクサボテンの仲間ですが、性質がやや異なるので園芸では別物として扱うことが多いです。

関連するページ
クジャクサボテンの育て方
クからはじまる植物
サボテン科