ヤサシイエンゲイ 私家版

星形のかわいらしい花

クロウエア(サザンクロス)

クロウエア
科名:ミカン科
学名:Crowea
別名:サザンクロス
原産地:オーストラリア南部
樹高:20cm〜2m
主な開花期:4月-10月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(ふつう)

くわしい育て方

〔〕内は学名、C.はCroweaの略

クロウエアとは

オーストラリア南部に3種が分布する常緑性の低木です。かわいらしい星形の花を咲かせるのが特徴で、サザンクロスの流通名(商品名)で出回ることが多いです。
花の大きさは径1cm〜3cmほどで表面にはロウのような光沢があります。色は濃ピンク〜淡ピンク、白があります。一定の気温があれば、ほぼ一年を通して開花しますが、主な開花期は春から秋です。枝は細かく枝分かれしてよく茂ります。葉っぱは先端のとがった細めの楕円形、ややこまかいです。

よく栽培されているのはサリグナ種〔C. saligna〕とエクサラタ種〔C. exalata〕、その2種を掛け合わせて作られた’ポーリンダ・エクスタシー’〔C. 'Poorinda Ecstasy'〕などの園芸品種です。
一般的には鉢花として栽培されていますが、比較的寒さにも強いので暖地や平地では地植えすること鉢植えで栽培されることが多いですが、比較的耐寒性もあるので地植えすることもできます。ただし、高温多湿に弱いところがネックです。

クロウエアの名前はイギリスの植物学者ジェームス・クロウに由来します。

関連するページ
クロウエアの育て方
クからはじまる植物
ミカン科