ヤサシイエンゲイ

しとやか

ナデシコ(ダイアンサス)

ナデシコ
科名:ナデシコ科
学名:Dianths
原産地:ユーラシア~南アフリカ
草丈:40cm-80cm
開花期:4月~10月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

〔〕内は学名、D.はDianthsの略

ナデシコ(ダイアンサス)とは

ナデシコの仲間は世界の広い範囲におよそ300種が分布し、日本にも数種類が自生します。毎年花を咲かせる多年草が多いですが、花後に枯れる一年草もあります。色々な種同士を掛け合わせて作られた園芸品種がたくさんあります。カーネーションもナデシコの仲間なのですが、園芸では一分野として確立されており、別物として考えるのが一般的です。

葉っぱは先端がとがって細長く、ササを小さくしたような形です。花は茎の先端に1~数輪付けます。花びらは基本5枚で、縁がギザギザになります。色はピンク、白、緋色などがあります。開花時期は種によって違いがありますが、多くが春~秋の間に咲きます。

由来

切り花、鉢花、花壇などに広く利用され、日本でも自生種が古くから愛されています。ナデシコの学名ダイアンサスは「神の花」という意味で、ギリシャの植物学者テオフラストゥスによる命名とされます。花の美しさや香りからその名前が付けられたようです。ナデシコは「撫子」の漢字を当てます。これは「撫でていつくしむ愛らしい子」を意味します。ギリシアと日本では自生する種が違いますが、ナデシコの花に対する認識は同じだったようです。

仲間 

園芸で栽培される中で、特にメジャーな種を紹介します。

カワラナデシコ〔D. superbus var. longicalycinus〕
日本に自生する代表的なナデシコで、ナデシコ、ヤマトナデシコとも呼ばれます。カワラ(河原)と付きますが、河原だけでなく山野でも見られます。「撫子」の名前は本種が由来です。古くから花が愛でられており、源氏物語や枕草子にも出てます。

セキチク〔D. chinensis〕
中国原産で、日本には平安時代に渡来しました。「石竹」の字を当てます。これは、「石の間に咲くタケのような草姿の花」という意味です。草丈の低い三寸セキチク、五寸セキチクなどの品種が古くから親しまれています。一年を通して開花する性質(四季咲き性)が強く、カーネーションの親のひとつとしても知られます。

改良品種のトコナツ(常夏)〔var. semperflorens〕は四季咲き性で、江戸時代に日本で流行したと言われています。

イセナデシコ〔D. × isensis〕
トコナツとともに、江戸時代に流行したと言われています。花びらが大きく切れ込み垂れ下がる姿は、他のナデシコ類とは一線を画す珍奇な花姿です。カワラナデシコとセキチクの雑種から改良された品種だと言われています。

アメリカナデシコ〔D. barbatus〕
原産地はヨーロッパですが、なぜかアメリカナデシコの名前が付いています。園芸では、ビジョ(美女)ナデシコ、ヒゲナデシコと呼ばれることの方が多い気がします。茎の先端に小さめの花がボール状にまとまって咲く姿が愛らしいです。日本には明治の中頃に入ってきました。丈の高い高性種は切り花に、低い矮性種は鉢や花壇に向きます。タネからでもよく育ちます。

関連するページ
ナデシコ(ダイアンサス)の育て方
ナデシコ科