ヤサシイエンゲイ

一度見たら忘れられないユニークな花。性質は案外強い。

オダマキ 

チシマルリオダマキ
科名:キンポウゲ科
学名:Aquilegia flabellata
原産地:北半球
草丈:30cm-80cm
主な開花期:5月-8月
栽培難易度バー バー バー バー バー(ふつう)

くわしい育て方

 

オダマキとは

日本原産のミヤマオダマキと、ヨーロッパなどが原産の西洋オダマキの2グループに大別されます。ミヤマオダマキは白から紫までの色幅があり、変わったところでピンクがかった園芸品種もあります。草丈は20-30cmで、径4cmほどの花をつけます。それに対して西洋オダマキは、草丈70cmに達し、花色も、赤・桃・白・黄などカラフルです。花はおおよそ5月~6月頃の初夏に咲きます。

由来・来歴

オダマキの名前は、中心を空洞にして巻いた麻の糸玉「苧環」に花の形が似ているところから付けられました。花が開いた形と言うより、つぼみの形が苧環に近いと思います。
学名のAquilegia(読み方はアクイレギア、アクレギアなど)の由来には諸説があります。

アクア+レギア 
ラテン語で水を表す「アクア」と集めるという言う意味の「レギア」の2語から来ており、花びらが筒状で漏斗(じょうご)のような形になっているところから。

アクィーラ 
ラテン語で鷲を表す「アクィーラ」から。花の距(きょ)の部分がくちばしのようにみえるところに由来。※距については後述の姿・形の項を参照

姿・形

花は5枚の萼(がく)と筒状の花びらからなっており、がくの後ろ側には距(きょ)が角のように突き出ています。葉っぱは長い軸の先に3枚の小さな葉が付いた三出複葉(さんしゅつふくよう)です。花後、花茎の先に細長い莢が5つ集まった果実を付け、熟すと先端が開いて中から光沢のある黒いタネが出て来ます。

オダマキ部位
花の構造
オダマキ葉っぱ
葉っぱ
花後の果実
花後の果実
 

仲間

( )内は学名。A.はAquilegia(アクレイギア)の略

オダマキ(A. flabellata) 
ミヤマオダマキを園芸化したもので、日本では単にオダマキというとこの種を指すことが多いです。それ以外のものはセイヨウ~やミヤマ~のように頭になにか付きます。草丈は30~50cm、花色は青紫から白まで幅があります。

ミヤマオダマキ(A. flabellata var.pumila) 
日本の高山地帯に分布するオダマキの野生型です。草丈は20cmほどです。花色は青紫色で花びら(がく片)から白まで色幅があります。暑さにやや弱い。「ミヤマ」は漢字で書くと「深山」です。

セイヨウオダマキ(A. vulgaris) 
ヨーロッパからシベリアにかけて広く分布します。花色は紫色でうつむきかげんに咲きます。草丈は50cm~60cm、日本での開花は主に5月~6月。他の種との雑種が多く、人の手によって改良された様々な園芸品種があります。赤、ピンク、白などの花を咲かせるもの、大輪種や八重咲き種などバラエティーに富んでいます。

カナダオダマキ(A. canadensis) 
カナダ、アメリカのテキサス州に分布します。花びら(がく片)はあまり大きく開きません。

その他画像

セイヨウオダマキ オリガミミックス ピンク
セイヨウオダマキ
オリガミミックス
セイヨウオリガミ オリガミミックス 赤
セイヨウオダマキ 
オリガミミックス
チシマルリオダマキ
チシマルリオダマキ
カナダオダマキ
カナダオダマキ
カナダオダマキ
八重咲き
カナダオダマキ
ミヤマオダマキ
桃花
カナダオダマキ
ミヤマオダマキ
白花
 
関連するページ
オダマキの育て方
キンポウゲ科
春~夏に咲く草花