ヤサシイエンゲイ

高価なスパイス

サフラン

サフラン
科名:アヤメ科
学名:Crocus sativus
別名:バンコウカ【蕃紅花】
原産地:小アジア~地中海沿岸
草丈:10cm-15cm
開花期:10月~11月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

サフランとは

早春の球根植物として親しまれているクロッカスの仲間です。秋に松葉の様な細長い葉を出しつつ、同時に紫色の花を咲かせます。花が咲いた後も葉は長く伸び、翌春の5月頃に枯れて休眠します。

花の真ん中当たりに、赤い糸くずのような雌しべがあります。これを乾燥させたものが、高価なスパイスとして有名な「サフラン」です。雌しべは3本あるように見えますが、元でくっついており、正確には一本の雌しべの先端が3つに大きく裂けている、と言うことになります。

サフランの雌しべ
乾燥させた雌しべ
「サフラン」は古くから料理の色づけや風味付けに用いられパエリヤやブイヤベースには欠かせないもののひとつです。また、染料やお茶としても利用されます。ひとつの花からとれる量が非常に少なく1gの’サフラン’は160個分の花に相当するそうです。 収穫もひとつひとつ手づみが基本です。貴重で手間がかかり、高価なので、ヨーロッパではちらほらと偽造品が出回ることもあったそうです。

ヨーロッパでは古代ギリシア時代から利用されてきましたが、日本には江戸時代末期に漢方薬として入ってきました。スペインのバレンシア産のものが良質で最高級とされています。また、日本国内でも大分県竹田市などで栽培が行われています。

関連するページ
サフラン育て方
アヤメ科
球根植物