ヤサシイエンゲイ

見た目はクロッカスに似た花

ステルンベルギア

ステルンベルギア・ルテア
ステルンベルギア・ルテア
科名:ヒガンバナ科
学名:Sternbergia
別名:キバナタマスダレ シュテルンベルギア
原産地:地中海沿岸 トルコ 中央アジア
草丈:50cm-20cm
開花期:9月~10月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(やさしい)

くわしい育て方

〔〕内は学名、S.はSterunbergiaの略

ステルンベルギアとは

ヨーロッパ南東部からアジア南西部にかけて約8種類が分布する小球根です。その中でも日本で広く育てられているのは、キバナノタマスダレの別名があるステンベルギア・ルテア〔S. lutea〕(以下、ルテア種)です。

ルテア種は秋に休眠から覚めて、クロッカスに似た黄色い花を咲かせます。花は一本の花茎に1つずつ咲き、ひとつの球根で3~5輪の花が付きます。開花とときを同じくして、細長い葉を伸ばします。春まで生長した後、葉が枯れて秋まで休眠します。日本には大正時代の末頃に渡来しました。

ヨーロッパでは冬に咲くフィッケリアナ種〔S. fischeriana〕も広く親しまれています。花色や草姿はどちらも非常に似ています。花は秋に咲くが葉は春に出るクルシアナや白花の品種も知られています。 名前はオーストリアの植物学者、シュテルンベルクにちなみます。

関連するページ
ステルンベルギアの育て方
ヒガンバナ科
球根植物