ヤサシイエンゲイ

可憐な花が舞うように咲く

シザンサス

シザンサス
科名:ナス科
学名:Shizanthus × wisetonensis
別名:コチョウソウ スキザンツス
原産地:チリ
草丈:20cm~50cm
主な開花期:3月-5月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(ふつう)

くわしい育て方

 

シザンサスとは

シザンサスの花
縁が裂け、中心に細かな模様が入る

チリに10種程度が分布する草花で、花後に枯れる一年草、もしくは二年草です。日本では秋にタネをまいて翌春に花を楽しむ秋まき一年草として扱われ、園芸で広く普及しているのは野生種同士を掛け合わせてつくられた交雑種(園芸品種)です。

葉は羽状に細かく裂けて繊細な雰囲気がします。主な開花期は3月~5月、大きさは3cm前後で花びらは縁からいくつかに裂けます。たくさんの花が一斉に咲く姿は、蝶が群れているようです。シザンサス属を和名でムレコチョウ属と呼ぶのはその姿からきているのでしょう。花色は赤、紫、ピンク、白、藤色などがあり、花の中心に黄色や茶色の模様や斑点が入るものが多いです。

名前・由来

属名のシザンサスはギリシア語のスキゾ(裂ける)とアンサス(花)から成り、花びらの縁が裂ける姿にちなみます。 英名のバタフライ・フラワーは花姿に由来します。

種類

〔〕内は学名、S.はSchizanthusの略

広く育てられているのは交配種のウィセトネンシス〔S. × wisetonensis〕で、園芸でシザンサスというとたいがいこの種を指します。この種はチリ原産のピンナツス〔S. pinnatus〕レツスツ〔S. retusus〕を両親として、1900年イギリスで作出されたものです。代表的な品種に大輪種の春がすみ、草丈の低いスターパレード、枝が細かく分かれてたくさんの花を咲かせるヒットパレードなどがあります。

関連するページ
シザンサスの育て方
ナス科