ヤサシイエンゲイ 私家版

多雪地に産する日本固有の植物

シラネアオイ

シラネアオイ
科名:シラネアオイ科
学名:Glaucidium palmatum
原産地:日本
草丈:20cm〜60cm
主な開花期:4月-6月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(むずかしい)

くわしい育て方

 

シラネアオイとは

日本固有の1属1種の植物で、本州の中・北部の日本海側〜北海道に分布します。主な自生地は亜高山帯〜低山で、北に行くほど標高の低い位置で見られます。漢字で書くと『白根葵』で、日光の白根山に多く見られ、花姿がタチアオイ(ホリホック)に似ているということで、この名前があります。

茎を長く伸ばして、その先に3枚の葉をつけ、頂点に1輪の花を咲かせます。葉は縁にぎざぎざがあり、てのひら状に大きく切れ込みます。主な開花期は春から初夏で花色は淡い青紫色です。花びらに見えている部分は色づいた萼で、本来の花びらはありません。花色は株によって濃淡の色幅があり、まれに白い花を咲かせる株もあります。萼も通常は4枚ですが、複数枚付く八重咲きもあります。

分類上ではキンポウゲ科に含まれることもあります。

関連するページ
シラネアオイの育て方
シからはじまる植物
山野草の仲間