ヤサシイエンゲイ

地下茎でよくふえる

ストケシア

ストケシア
科名:キク科
学名:Stokesia laevis
別名:ルリギク
原産地:北アメリカ南西部
草丈:40cm~50cm
主な開花期:6月-10月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(やさしい)

くわしい育て方

 

ストケシアとは

ストケシア 江戸紫
園芸品種 江戸紫

北アメリカの南西部(南カリフォルニア、フロリダ、ルイジアナなど)に分布する、毎年花を咲かせる多年草です。ストケシア属はストケシア・ラエヴィス1種のみで構成されます。

日本に渡来してきたのは大正の初めで、昭和に初期に人気が出て広く普及したと言われています。花はヤグルマギクを大きくしたような感じで、標準は青紫色です。和名のルリギクはこの花色からきているのでしょう。園芸品種に青、紫、白、黄色、ピンクなど花色のものがあります。主に初夏~秋を彩る花ですが、冬も暖かい原産地の一部では秋以降も休まず花を咲かせます。

生育旺盛で繁殖力も強く、切れた根からも芽を出して育っていきます。花茎の先端が枝分かれしてたくさんの花を咲かせるので1株だけでも非常にボリュームがあります。

ストケシアの名前はイギリスの植物学者ストークスにちなんで名付けられました。種小名のラエヴィスは「平滑な」という意味です。

関連するページ
ストケシアの育て方
キク科