ヤサシイエンゲイ

かわいらしいラン

ウチョウラン

エノモトチドリ
画像提供:S.M 
品種:エノモトチドリ(イワチドリの仲間)
科名:ラン科
学名:Ponerochis graminifolis
原産地:日本・朝鮮半島
草丈:6cm-20cm
開花期:6月~7月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(ふつう)

くわしい育て方

ウチョウランとは

日本、朝鮮半島原産の山野草でランの仲間で、初夏に紅紫色や白の小さくて愛らしい花をたくさん咲かせます。主に、本州・四国・九州の谷川沿いの岩壁などに自生していますが、乱獲などにより野生のものは年々姿を見かけなくなっているのは残念なことです。

葉は細長い形状で一本の茎に2~3枚付きます。春4月頃に芽吹いた葉は11月頃に自然に枯れます。地中に1~3cm程度の大きさの球根を作ります。今年葉がでて花が咲いた球根はやがてしなびてなくなり、新しくできた球根が翌年に芽吹き育つ、というサイクルで生育します。ランというと一見栽培が難しいように感じますが、案外育てやすい面も持っています。

ウチョウランには産地や形状によって数多くの変種や近縁種があります。

仲間 

■ヒナチドリ
ブナの木の幹に根を広げて自生します。ウチョウランに非常によく似ていますが別種です

■アワチドリ
千葉県房総半島の特産種でウチョウランの変種です。花はやや小ぶりで遅咲き(8月頃)

■サツマチドリ
ウチョウランの変種で鹿児島県甑島(こしきじま)の特産種。白地に細かい紅紫色の斑点が入り、ウチョウランより花が丸っこい

■クロカミラン
佐賀県黒髪山系と特産種でウチョウランの変種になります。丸みのある赤紫色の花を咲かせます。開花期は5月とウチョウランの中では早い

関連するページ
ウチョウランの育て方
ランの仲間