ヤサシイエンゲイ 私家版

炎天下に咲く咲く巨大な花

アメリカフヨウ

アメリカフヨウ
科名:アオイ科
学名:Hibiscus moscheutos
原産地:北アメリカ
別名:クサフヨウ
草丈:1m-2m
主な開花期:7月-9月
栽培難易度:バー バー バー バー バー(そだてやすい)

くわしい育て方

アメリカフヨウとは

アメリカフヨウは北アメリカ原産、冬を越して毎年花をさかせる宿根草(しゅっこんそう)で、草丈が1m-2mになる大型の草花です。主な開花期は7月-8月で大輪のハイビスカスのような花をつけます。咲いたその日にしぼんでしまう1日花ですが夏の間は次々につぼみができて開花します。
代表的な園芸品種に、日本で改良された’サウザンベル’があります。サウザンベルは花の大きさは30cmに達する巨大輪種で、ピンク、紅紫、深紅、白に中心が赤などの花色があります。春にタネをまくとその年の夏から花を楽しむことができます。そのほかにも、草丈・花径とも比較的小柄の’ルナ’や’ディスコ・ベル’などの園芸品種が知られます。
同じ属の近縁種と交雑しやすく、原産地では姿の微妙に異なる変異が多く見られます。よく知られるものにモミジアオイとの雑種があります。同じ属の仲間にハイビスカスフヨウがあります。

関連するページ
アメリカフヨウの育て方
アからはじまる植物
夏から冬に咲く草花
アオイ科の植物