ヤサシイエンゲイ

北アメリカの球根植物

カマシア

カマシア
科名:ユリ(ヒヤシンス)科
学名:Camassia
原産地:北アメリカ
草丈:30cm-1.2m
開花期:4月~5月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(やさしい)

くわしい育て方

〔〕内は学名、C.はCamassiaの略

カマシアとは

球根北アメリカに5種類が分布する球根植物でカマッシアとも呼ばれます。秋に球根を植え付けると翌春に花を咲かせます。初夏に葉が枯れて、夏は球根の状態で休眠します。種類にもよりますが基本は丈夫で、環境が合えば数年植えっぱなしでよく育ちます。

葉は細長く平たい形で基部(球根に近い部分)はさや状になっています。4~5月に球根から上に向かってまっすぐに花茎を伸ばし、花茎の下から上へ順番に星形の花を咲かせます。花色は青、紫、白などがあります。 まばらに咲くヒアシンスと言った雰囲気です。球根は鱗茎(りんけい、タマネギと同じ)で、高さ5cmほどのタマゴ型です。

カマシアの名前は原住民がこの植物のことを「カマス(camass)」もしくは「クァマッシュ(quamash)」と呼んでいた事に由来します。原住民は球根を食用にしていたといわれています。西部開拓時代には、移民の人たちも非常食として用いたのだそうです。

仲間 

比較的栽培されている種

キュシッキー〔C. cusickii〕
カマシアの中でもオーソドックスな種です。最大1mくらいの草丈に育ちます。花色は淡いブルーです。種小名「キュシッキー」は人名由来です。

ライヒトリニー〔C. leichtlinii〕
草丈1.2m、花色は白、ブルー、紫などがあります。和名、オオヒナユリ。種小名「ライヒトリニー」は人名由来です。

クァマッシュ〔C. quamashi〕
草丈は75cmほど、花色は白、淡~濃ブルー、青紫など。和名、ヒナユリ。種小名「クァマッシュ」は原住民の呼び名から。

関連するページ
カマシアの育て方
ユリ科
球根植物