ヤサシイエンゲイ

渋さの中にある明るい柿色の花

カキラン

カキラン
科名:ラン科
学名:Epipactis thunbergii
原産地:日本 朝鮮半島 中国
草丈:20cm~70cm
主な開花期:6月-7月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(ふつう)

くわしい育て方

カキランとは

花のアップ
花のアップ
(クリックで拡大)

中国や朝鮮半島、日本を原産とするランの仲間で、日当たりの良い湿地や湧き水の周辺など水のある場所に自生します。

春に芽を出して葉を広げ、梅雨頃に花を咲かせます。秋には茎葉が枯れて春まで地下茎の状態で休眠します。葉は長さ10cm程度で先のとがった笹のような姿、草丈は30cm-70cmになります。花色は明るいオレンジ色、熟れた柿のような色なので、カキラン(柿蘭)の名前があります。花は径2cm前後で全開せず半開き、一茎に10数輪咲かせます。

花色は明るいですが、全体的な雰囲気は控えめで渋い趣があり、茶花としても利用されます。変異種に紅色や黄色の花を咲かせるもの、葉色が黒茶色のカラス葉カキランなどがあります。
カキランを含むラン科エピパクティス属はヨーロッパ、アジア、北アメリカの温帯に約25種が分布し、日本ではカキラン以外にエゾスズランやハマカキランが自生します。

関連するページ
カキランの育て方
ランの仲間
山野草の仲間