ヤサシイエンゲイ

目の覚めるようなブルー花

クリトリア(チョウマメ)

クリトリア
科名:マメ科
学名:Clitoria ternatea
和名:チョウマメ(蝶豆)
原産地:東南アジア-インド
草丈:1m~4m(つる性)
主な開花期:6月-10月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

クリトリア(チョウマメ)とは

旗弁と竜骨弁
旗弁と竜骨弁
クリトリアは東南アジア-インドに約30種が分布するつる性の植物で、その中でも栽培されているのはクリトリア・テルナテアとその園芸品種です。和名をチョウマメ(蝶豆)※と言い、日本には江戸時代末に入ってきました。本来は毎年花をさかせる多年草ですが、冬までに寒さで枯れてしまうことがあり、一年草として扱うことが多いです。春にタネをまくと夏~秋まで花を楽しむことができます。暑さには非常に強く、炎天下でも花を咲かせます。つるが長く伸びるので支柱やネットに絡ませて栽培します。大きいいほうの花びらを旗弁(きべん)、小さなほうは竜骨弁と呼ばれ、クリトリアの名前は竜骨弁の形に由来します。

だ円形の小さな葉を羽状に付けます。花色は鮮やかなブルーで径3cm前後、葉の付け根ごとに1-3コ咲かせます。代表的な園芸品種に八重咲き濃青色の「プレナ」があります。また、白や赤みがかったオレンジ色、ピンク色の花を咲かせる変種も知られます。花後に長さ10cm前後のインゲン豆に似た扁平な莢(果実)が付き、若くてやわらかいものは食用になります。

※英名「バタフライ・ピー」の直訳

ネットなどに絡ませる
ネットなどに絡ませます
白花種
白花種
若い莢
若い莢
 


関連するページ
クリトリア(チョウマメ)の育て方
クからはじまる植物
つるが伸びる植物
マメ科