ヤサシイエンゲイ

殻の堅いナッツ

クルミ

オニグルミ
オニグルミ
科名:クルミ科
学名:Juglans
原産地:北半球の温帯 熱帯アジア
樹高:5m~20m
主な開花期:5月
収穫期:9月下-10月上
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(ふつう)

くわしい育て方

クルミとは

北半球に約20種が分布する落葉樹で、高さ20mにもなります。 日本にもオニグルミとヒメグルミが自生します。冷涼で雨が少なく、昼夜の気温差が高い場所が栽培適地で、日本では長野県や東北地方で生産されています。世界ではカリフォルニアや中国が一大産地として有名です。

一本の木から雄花と雌花を咲かせますが同時には咲かず、時期に若干の差があります。雄花は長さ15cm前後で葉の付け根からだらりと長く垂れ下がり、雌花は春に伸びた枝の先端に黄色や紅色の花を穂状に付けます。花粉は風によって運ばれます。世界の生産地帯では大量に舞う花粉が原因のクルミ花粉症があるそうです。花の咲く時期は主に5月です。

果実は房状につき、10月頃に熟すと緑色の外皮が不規則に裂けて、堅いから(殻皮)に包まれた果実(殻果)が落下します。この状態が俗に言う「殻付きのクルミ」です。
学名のユグランス(Juglans)は「ジュピターの堅果」の意味です。ここで言うジュピターは木星ではなくギリシャ神話に出てくる神様のことです。

品種・仲間

※〔〕内は学名、J.はJuglansの略

日本で主に栽培されているのはペルシャグルミとテウチグルミの交雑種である「シナノグルミ」という品種群です。「豊園」「豊笑」「南安」「信鈴」「晩春」「清香」などがあります。

ペルシャグルミ〔J.regia〕 
ヨーロッパ南東部~アジア西部に分布する。主にヨーロッパで栽培される。アメリカ経由で日本に渡来した。

テウチグルミ〔J.regia var. orientis〕 
カシグルミとも呼ばれる。ペルシャグルミの変種で日本へは中国経由で渡来。殻が薄くて果実が大きく加工しやすい。

オニグルミ〔J.sieboldiana〕 
日本の山野に自生する。実が小さく、殻が非常に固く割りにくい上に実が取り外しにくいのが災いしてか(外しているときによく砕ける)栽培種としては広く普及していない。味には定評がある。

関連するページ
クルミ科
クルミの育て方
花木・庭木・果樹