ヤサシイエンゲイ

センペルビブムの育て方

センペルビブムベンケイソウ科 学名:Sempervivum 用途 鉢植え
難易度 バー バー バー バー バー(ふつう)

耐寒性 バー バー バー バー バー(つよい)

茎は無いか極端に短く、やや厚みのある三角形の葉が放射状にみっしりつくので、全体はまるで花が咲いたような姿です

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
          バー バー バー        
植え替え
    バー バー バー バー            
肥料
    バー バー バー            

季節・日常の手入れ
茶色く枯れた葉っぱはそのままにしておくと、水が溜まって蒸れる原因になるので、かさかさに乾いたら丁寧に取り除きます。

日当たり・置き場所
日当たりの良い場所で育てます。日当たりが悪いと徒長して、本来ピンと立ち上がる葉っぱがだらしなくぐにゃりと垂れて、株が地面にへばりついたような姿になり、葉色も薄くなります。室内は日照不足で徒長しやすいので不向きです。

寒さには非常に強く、霜や降雪にあっても枯れることは少ないです。温度で言うと-5℃までは充分いけます。秋~春は屋外の雨ざらしでも案外大丈夫です。

暑さと言うより、高温多湿が苦手です。夏は雨の当たらない明るい日陰で、風通しを良くして過ごさせた方が失敗は少ないです。

水やり・肥料
春と秋の気候のよい時期は乾いたらたっぷり与えます。特に春はぐんぐん葉を伸ばします。冬と夏は生長が鈍ったり止まることがあるので、乾かし気味に管理します。よくわからないなら、一年を通して乾かし気味でも良いです。乾燥には非常に強く、水をやりすぎて多湿にするよりは安全です。

肥料は春~初夏の生育期、月1回液体肥料を与えます。

用土
土質は選ばずよく育ちますが、水はけのよいものが適しています。

植え替え・植え付け
植え替えの適期は春の生育期です。暑さが来る前に終わらせましょう。

ふやし方
株分けかタネまきで増やします。

株分けはランナーの先端に付いた子株を取り外して土に植えます。適期は5月~6月です。

タネは春か秋にまきます。非常に細かいタネなので、扱いに注意し発芽まで乾かさないようにします。1年くらい育てると、小さいながらもそれなりの株に生長します。

かかりやすい病害虫
春~秋にかけてカイガラムシが発生します。見つけ次第こすり落として駆除します。

まとめ 
日当たりと風通しの良い場所で育てる
寒さと乾燥に強く高温多湿にやや弱い
冬と夏は乾かし気味に

関連するページ
センペルビブムとは
多肉植物