ヤサシイエンゲイ

定番で丈夫な観葉植物

シェフレラ(カポック)

シェフレラ
科名:ウコギ科
学名:Schefflera arboricola
別名:カポック ホンコンカポック
原産地:台湾 中国南部
樹高:3m~10m
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

〔〕内は学名

シェフレラ(カポック)とは

シェフレラは熱帯アジア・オセアニアにおよそ150種が分布します。その中でもシェフレラ・アルボリコーラとその園芸品種が、観葉植物として広く親しまれています。園芸では単に「シェフレラ」と言うと、本種を指すことが多いです。名前はドイツの植物学者シェフラーにちなみます。

台湾、中国南部に分布する常緑性の樹木で、大きくなると樹高は10mを超します。光沢のある緑色の小葉を掌状に出し、その姿がカポックノキ(パンヤ科)〔Ceiba pentandra〕に似ているということで、一般的にカポックと呼ばれることも多いです。しかし、カポックノキは別種の植物で、混同する恐れがある点では、誤用と言えます。正式な和名はヤドリフカノキですが、こっちの名前はあまり使われません。余談ですが、カポックノキとの共通点は葉っぱが掌状になるところくらいで、見間違えるほどは似ていません。カポックノキはどちらかというと同科のパキラに似ています。

メジャーでおそらく最も普及しているであろう園芸品種に、’ホンコン’があります。ホンコンカポックとも呼ばれ、葉に厚みと丸みがあるのが特徴です。節も詰まってバランスよく茂り鉢植えに向きます。葉の中央に黄色い斑が入り、見た目が明るいフイリホンコンカポックも広く出回っています。

それ以外には葉が細く、全体的に小型で這うように伸びる'コンパクタ'、ホンコンの変異種で葉先が魚の尾ひれのような形に浅く裂ける'レナータ'などがあり、以前に比べるとその品種数は賑やかになりました。

関連するページ
シェフレラ(カポック)の育て方
シからはじまる植物
ウコギ科
観葉植物