ヤサシイエンゲイ

ステラ(バコパ)の育て方

ステラゴマノハグサ科 学名:Sutera(Bacopa) 用途 鉢植え 露地植え
難易度 バー バー バー バー バー(そだてやすい)

耐寒性 バー バー バー バー バー(つよい)

茎は立ち上がらずに地面に這うように伸び、細かく枝分かれして小さな葉を密に付けて茂ります。開花期間が長く、春~秋にかけて白やピンク、紫色、淡いブルーの小花を咲かせ続けます

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
      バー バー バー バー バー バー バー バー  
植え付け
    バー バー バー              
肥料
    バー バー バー バー バー バー バー    

季節・日常の手入れ ポイント
枯れた花はこまめに摘み取り株をきれいにしておきます。伸びすぎた茎は先端の芽を摘んで、株元に近いところから芽を出させるようにします。この作業のことを「摘芯(てきしん)」と言います。生育がおう盛な時期はこまめに摘芯を行うことで、株にボリュームが出て花付きも良くなります。

茎が横にはうように広がっていくので、高さのある鉢やハンギングバスケット植えにすると見栄えがします。

夏の切り戻し
茂りすぎると風通しが悪くなり、株が蒸れてしまうので混みあった茎葉は適宜間引きます。株が蒸れると株元に近い中心の葉が枯れあがってしまいます。暑さで花付きも悪くなることが多いので、真夏に全体の茎を半分くらいにばっさりと切り戻して、秋の開花に備えても良いでしょう。 間引きや切り戻しはいわばサマーカット、暑さ対策のひとつです。

日当たり・置き場所
一年を通して日当たりの良い環境を好みます。ただし、夏の西日は強すぎて株元が乾きすぎ、生育が衰えることがあるので避けます。

暑さを嫌がる反面、寒さには比較的強いです。霜や土の凍結にあわなければ戸外で冬越しできますが、心配な場合はベランダや軒下など屋根のある場所に置きます。寒冷地では日当たりの良い室内に取り込みます。

水やり・肥料
土の表面が乾いたら水を与えます。どちらかというとやや湿り気のある土壌を好むので、ひどく乾かさないように気をつけましょう。乾かし過ぎると葉が傷んでしまいます。

開花中はスタミナ切れさせないよう、1週間に1回液体肥料を与えます。真夏は元気に育って花を咲かせているなら肥料を与えますが、花付きがまばらになりあまり元気がないようなら、ストップします。ストップした場合、秋に涼しくなって元気になってきたら再開しましょう。

用土
水はけのよい弱酸性土壌を好みますが、「弱酸性」はあまり気にする必要ないでしょう。赤玉土(小粒)6:腐葉土、あるいはピートモス4の割合で混ぜた土や草花培養土を用います。

植え替え・植え付け
植え替えの時期は春3月~5月が適期です。古い土を1/3くらい落として、一回り大きな鉢に植え替えます。それ以上大きくしたくない場合は、植え替え時に株分けをします。

ふやし方
株分け、さし芽でふやすことができます。株分けは植え替えと同時に行います。 さし芽は5月~6月が適期です。

かかりやすい病害虫
特にありません。

まとめ 
一年を通して日当たりの良い場所で
夏の高温多湿に気をつける
極端な乾燥を避ける

丈夫な植物ですがやや暑さを嫌がる性質です。夏場の高温多湿を避けることが栽培のポイントです。

関連するページ
ステラ(バコパ)とは
ゴマノハグサ科