ヤサシイエンゲイ

タアサイの育て方

タアサイアブラナ科 学名:Brassica rapa var. narinosa
難易度 バー バー バー バー バー(ふつう)

耐寒性 バー バー バー バー バー(ふつう)

中国野菜のひとつで、分類上はハクサイやナノハナの仲間です。旬は晩秋~冬で、霜に当たると甘み、うま味が増して美味しくなります。タアサイは『べちゃっとつぶれた野菜』みたいな意味で、その株姿から来ています。

栽培カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

中間地…秋まき

タネまき
                バー バー    
収穫
バー バー                 バー バー

中間地…春まき

タネまき
      バー                
収穫
      バー バー バー          

寒冷地

タネまき
        バー バー バー バー バー      
収穫
          バー バー バー バー    

栽培のポイント
株間は充分にとります
大株に育てたい場合は秋まきが適しています
霜に当てると甘みが増し、味もよくなります

家庭用に適した品種
農家向けには『緑彩2号』などの一代交配種(F1種)がありますが、家庭菜園向きは特に名前の付いた品種は見られません。

栽培できる時期ポイント
中間地・暖地では秋(9月~10月)にタネをまいて、晩秋~真冬に収穫するパターンが育てやすいです。春(4月)にまくことも出来ます。寒さに当たらない 分生長は早いですが、とう立ちしやすく味はやや劣ります。秋まきして、ゆっくり育て寒さに当てたほうが味はよいです。寒冷地では初夏から晩夏(5月~9月 初)にタネをまいて、梅雨~中秋(6月~11月初)に収穫します。

畑の準備
畑作り植え付け、タネまきの10日ほど前までに、土はよく耕し、苦土石灰と堆肥、化成肥料を適量混ぜ込んでおきます。

畑作り
草丈は20cmほどですが、横に広がり大株では直径40cmほどに生長します。うね幅は余裕を持って60cm、高さは 5cm~10cmとします。植え付け、タネまき間隔は20cm~30cm、小さめから収穫する場合は2列に植えても良いでしょう。タネまき、植え付け後は 害虫を予防するため、トンネル支柱を立てて寒冷紗をかけておきます。

タネのまき方・苗作り
間引きタネはポットにまいて、育苗してから畑に植え付けても良いですし、直まきでもかまいません。直まきの場合は点まき、すじまきどちらでも良いです。大株に仕 立てるなら点まき、こまめに間引いて利用しつつ、小振りの株をメインに収穫するならすじまきが適しています。点まきは20cm~30cm間隔で、一カ所に 5~6粒まきます。発芽した同士がふれあうくらいに育ったら、順次間引きしていきます。

間引きは、苗が充分日射しを浴びられるようにするのが目的です。混み合って上手く間引けない場合は、ハサミを使って地際でちょんぎっても良いです。

肥料
収穫畑に直まきした場合、本葉が5~6枚に生長した頃、苗の場合、植え付けて10日ほど経ってから、ぼかしや鶏糞、化成肥料を追肥します。その後、様子を見ながら2週間に1度、同じ肥料を同量追肥します。

収穫
秋まきの場合、順調に育つと50日~60日で収穫できる大きさになります。葉の軸を避けるように株をそっと傾けて、地際から刈り取って収穫します。春まきは、とう立ちしやすくあまり大きく育たないことも多いです。小さいうちに収穫しましょう。

かかりやすい病害虫
アブラムシ、コナガなどの発生が見られます。特に春まきでは虫が付きやすいです。

その他
プランター栽培プランターやコンテナでも栽培できます。やり方は畑で育てる場合と基本的に変わりません。こまめに間引いて、十分な株間をとるようにします。場所が限られるので、出来るだけたくさん作りたいですが、風通しと日当たりが悪くなると、間延びしたり、害虫の付く原因になります。

追肥をするペースは畑での栽培と変わらないですが、少なめの量を与えるようにします。

関連するページ
タアサイとは
アブラナ科
野菜・ハーブ