ヤサシイエンゲイ

このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート Yahoo!ブックマークに登録

もさもさ

デンドロビウム・セニレ

デンドロビウム・セニレ
科名:ラン科
学名:Dendrobium senile
原産地:東南アジア
草丈:10cm-15cm
主な開花期:2月-4月


デンドロビウム・セニレとは

den.senileミヤンマー、タイ、ラオスに分布するランの仲間です。種小名senileの読み方違いで「セニール」と呼ぶこともあります。主な開花期は冬から春で、1つの花芽(花茎)から1輪の花を咲かせます。一斉に咲くと言うより、バルブの先端近くにちらほら咲くといった感じです。花の大きさは径5cmほどで明るい黄色、中心部分に緑色が入ります。

バルブは太短くて長さは15cm程になり、斜上もしくは下垂します。花持ちは比較的よく、1ヶ月くらいしおれずに咲き続けます。花びらは少し厚みがあって表面に光沢があり、プラスチックのような質感があります。

葉っぱやバルブには白くて長い毛がびっしりと生えます。その姿は非常にユニークで、本種を語る上で特に強調されることが多い特長です。セニレは「老人」の意味で、びっしり生える白毛に由来します。葉っぱのないバルブは何となくケムシのように見えます。この株姿の受けがよいのか、ラン展示会の即売などで、比較的見かけます。

耐寒温度は5℃~10℃です。自生地は冬の間は乾期で、その時期に花を咲かせます。栽培する上でも冬の間、水やりを控えめにして乾燥させると、花芽がつきやすいです。また、風通しのよい場所がとても好きです。

他の画像

バルブ
毛むくじゃらのバルブ
花
   
ラン科デンドロビウム属
ノビル系 ファレノプシス系(デンファレ) フォーミディブル(フォルモサム系) セッコク