ヤサシイエンゲイ

ほろ苦さがよい

エンダイブ

エンダイブ
科名:キク科
学名:Cichorium endivia
別名:キクヂシャ
原産地:地中海沿岸
草丈:50cm-1m
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

〔〕内は学名、C.はCichoriumの略

エンダイブとは

地中海沿岸原産のリーフレタスに似たキク科の野菜です。利用の歴史は古く、紀元前の古代エジプトではサラダとして利用されていました。日本には江戸時代に入ってきて「紅毛萵苣(オランダチサ)」と名付けられました。当時はもっぱら観賞用で、食べられるようになった比較的最近のことです。

1年草もしくは2年草で、花後はタネをつけて枯れます。葉の形は品種によって異なり、フチが細かく切れ込む全体が縮む縮葉系と切れ込まない広葉系、また両者の中間の形質を持つ品種があります。

もっぱら野菜として栽培しますが、青紫色のきれいな花を咲かせます。開花時は茎がぐんぐん伸びて草丈は1mを越すこともあります。

独特の苦みのしゃきしゃきとした歯触りのよい食感が特徴です。若い葉はほろ苦い程度ですが、緑の濃い葉は非常に苦いです。株ごと収穫する場合は、株が育ってきたら巾着のようにヒモで縛ってまとめ、中心部分に日を当てないようにします。そうすることで葉は淡いグリーンになりって、苦みがやわらかくなり、食べやすくなります(これを軟白処理といます)。

エンダイブの仲間はおよそ9種あり、そのほか有名なものにチコリ〔C. intybus〕があります。チコリはエンダイブと違い毎年育つ多年性の植物です。

関連するページ
エンダイブの育て方
キク科
野菜・ハーブ