ヤサシイエンゲイ

エンダイブの育て方

エンダイブキク科 学名:Cichorium endivia 用途 露地植え
難易度 バー バー バー バー バー(そだてやすい)

耐寒性 バー バー バー バー バー(ふつう)

独特の苦みのしゃきしゃきとした歯触りのよい食感が特徴です。若い葉はほろ苦い程度ですが、緑の濃い葉は非常に苦いです。軟白処理で葉の苦みを和らげるのが一般的です。

栽培カレンダー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
収穫
        バー バー       バー バー  
タネまき
    バー         バー        

家庭向きの品種 ポイント
葉が縮れる品種と葉の広い品種がありますが、葉の縮れる「グリーンカールド」という品種がタネもよくでまわっており育てやすいです。

タネまき・苗作り
タネは畑に直接くか、いったん箱などにまいてある程度の大きさになってから畑に植え付けます。まきはどきは3月初旬か8月下旬です。発芽の適温は20℃前後ですので春まきの場合は暖かい場所で、夏まきの場合は涼しい場所で管理しましょう。発芽した苗はひとつずつビニールポットに植えて本葉が4枚くらいの頃に畑に植えます。植え付け間隔は25cm前後にします。

畑に直接まく場合は筋状にタネをまきます。新しいタネなら発芽率はよく、4日くらいでどんどん芽が出てきます。

植え付け後の作業
直まきした場合は発芽したら葉と葉がふれあうくらいの間隔に間引いていき、最終的には25cm間隔にします。間引いた苗はやわらかく苦みも少ないのでそのままサラダにして食べられます。間引きを怠ると株元まで充分に日光が当たらずにひょろひょろになってしまいます。葉と葉がふれあう間隔にするのは株元まで充分日光を当てるためとお互いの苗が支え合って倒れにくくするためです。

株全体の直径が25cmくらいなった頃に外葉(一番下の大きな葉)を上の方でひもなどで束ねてきんちゃく袋のような状態にします。エンダイブの葉は苦みが強くそのままでは食用に適しません。しかし、こうすることによって(これを”軟白処理”と言います)光が遮られ中の葉が白く軟らかくなり、味もほろ苦くておいしくなります。

水やり・肥料
湿り気味の土を好みます。特に夏場の栽培では乾かさないようにしましょう。

畑が肥えた土であれば肥料を与えなくてもよく育ちます。やせた土でもゆっくりと効く粒状の肥料を土に少量混ぜ込むだけでよい。

植え替え・植え付け
水もちの良い土が適します。酸性は好まないので、土にあらかじめ苦土石灰を混ぜ込んで中和しましょう。

ふやし方
軟白処理を行った株は一週間くらいで株ごと収穫します。それ以上長くひもで縛ったままにしておくと株の中が蒸れて腐ってしまうことがあります。

春にタネをまいた場合は夏に花が咲く(とう立ちする)までに軟白処理を行い収穫しましょう。花が咲いてしまうと食べられません。

夏にタネをまいた場合は台風が来るまでに収穫しましょう。エンダイブは倒れやすく、強風が吹くとすべての株が倒れてしまうことがあるからです。

かかりやすい病害虫
病気 菌核病・害虫 アブラムシ ヨトウムシ

菌核病は茎や葉が腐って株が枯れてしまう病気で、土中にいる菌が原因です。長雨で風通しが悪かったりすると発生しやすくなります。腐ってきた部分は早めに取り除いて殺菌剤を散布します。

アブラムシは茎葉について吸汁し、ヨトウムシは葉を食害します。ヨトウムシは食欲旺盛であっという間に葉をボロボロにしてしまうので、早めに見つけて処分しましょう。ヨトウムシは主に夜活動し、昼間は株元の土中の浅い部分に潜んでいます。

その他 
普通のレタスに比べると葉も丈夫で生長も早いですが倒れやすいので、株と株の間隔は狭めにしてお互いの株が支え合うようにしましょう。また夏に畑にじかにまく場合は日除けを行ってできるだけ地面の温度が上がらないように気をつけましょう。

まとめ 
途中”軟白処理”をおこなう(詳しくは本文参照)
どちらかというと涼しい気候を好みます
栽培中は水切れに注意

関連するページ
エンダイブとは
キク科
野菜・ハーブ