ヤサシイエンゲイ

一面に咲く白い花

クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)

ノースポール
ノースポール
科名:キク科
学名:Leucoglossum paludosum
別名:ノースポール
原産地:北アフリカ
草丈:20cm~30cm
主な開花期:3月-6月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(やさしい)

くわしい育て方

〔〕内は学名

クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)とは

コレオステフス・ミコニフ
ムルチコーレ

北アフリカ原産、1970年前後に日本へ入ってきた草花です。秋にタネをまいて翌春に花を咲かせ、その後枯れる秋まき一年草として扱うのが一般的です。以前はキク科クリサンセマム属に分類されていたので、その名残で今でもクリサンセマムと呼ばれています。また、広く普及している園芸品種にノースポールがあり、園芸ではむしろ、その名前で呼ばれることが多いです。

草丈は20cm~30cm、茎がよく枝分かれしてこんもりと茂ります。葉はやや細長くギザギザと切れ込みます。主な開花期は春~初夏で径3~4cmの白い花(舌状花)を咲かせます。中心の目の部分(管状花)が黄色で、ノジギクやマーガレットに似た花姿です。最盛期は株一面に花を咲かせます。クセのない姿で用途は広く、春花壇の定番植物の一つになっています。草丈が比較的低くでまとまるので、寄せ植えや花壇の前景などに利用されます。

クリサンセマム・ムルチコーレ〔Coleostephus myconis〕

ムルチコーレはノースポール同様、クリサンセマムの仲間として花壇や鉢植えでよく栽培されています。現在はクリサンセマム属から分離されています。草丈は15cm~25cmほどで、やや肉厚でヘラ状の葉を付けます。春に鮮やかな黄色い花を咲かせます。姿や性質は若干異なります。

関連するページ
クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)の育て方
キク科