ヤサシイエンゲイ

防虫効果のあるハーブ

サントリナ

サントリナ
科名:キク科
学名:Santolina chamaecyparissus
別名:コットンラベンダー
原産地:南ヨーロッパ
草丈:20cm~60cm
主な開花期:6月-9月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

 

サントリナとは

南ヨーロッパの地中海沿岸に分布する常緑性の低木です。葉に芳香があり、ハーブとして用いられるほか、銀白色の美しい葉を活かして花壇のアクセントにも利用されます。まとめますと、シルバーリーフとして利用できるハーブと言うことです。

サントリナの香り成分には防虫効果があるので、ドライフラワーにして屋内につるしたり、乾燥葉を細かくしてポプリにします。以上のように主な用途はクラフトで、薬草や料理など食用にはされません。スパイシーというか何となく虫のよってこないような独特の香りです。

葉は細かく切れ込んで綿毛が密生し、銀緑色に見えて美しいです。葉っぱの形がフリンジラベンダーに似ているのでコットン・ラベンダーとも呼ばれますが、ラベンダーとは全く違う植物です(本種はキク科、ラベンダーはシソ科です)。丈は50cmほどになり、茎は細かく枝分かれしてこんもりと茂ります。夏に球形の鮮やかな黄色い花を咲かせます。目立つような花びらはありませんが、小さくて丸っこくなかなかかわいらしい花です。

園芸品種に丈が低く収まる’ナナ’、黄色みがかったクリーム色の花を咲かせる’レモンクイーン’などがあります。

関連するページ
サントリナの育て方
キク科
ハーブ