ヤサシイエンゲイ

形を変えてミリオンバンブーとも

ドラセナ サンデリアーナ

サンデリアーナ
科名:リュウゼツラン(キジカクシ)科
学名:Dracaena sanderiana
別名:ギンヨウセンネンボク
原産地:熱帯アフリカ西部
樹高:60cm-2m
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

ドラセナ サンデリアーナとは

西部アフリカのカメルーンなどに分布する熱帯性の常緑低木で、観葉植物として親しまれています。葉っぱは笹のような形で、表面には光沢があり、ほとんど枝分かれせず上に伸びていきます。元気に育てると丈は2mくらいになります。横に広がらず、全体的なボリュームがあまりないので、数本をまとめて植えた鉢物がよく出回ります。

葉っぱの縁にキレイな白い縁取りが入るので、ギンヨウ(銀葉)センネンボクの別名があります。園芸品種のサンデリアーナ ’ゴールド’は黄色くて太い縁取りが入り、明るい雰囲気を持ちます。

ミリオンバンブー

ミリオンバンブーの名前で出回る、緑色の棒状みたいな植物があります。これは、葉っぱが落ちて茎だけになったサンデリアーナです。節のように見える部分は葉っぱのくっついていた跡です。生命力が旺盛で、節が一カ所でもあればそこから新芽を吹くので、細かく切って束ねたり、ぐるぐるとコイルのように曲げられたりと、色々な形で出回ります。

ドラセナの仲間
ドラセナ(全般)
ドラセナ・スルクロサ(ゴッドセフィアナ)
ドラセナ・レフレクサ ソング・オブ・インディア
関連するページ
ドラセナ サンデリアーナの育て方
リュウゼツラン科
観葉植物