ヤサシイエンゲイ

揺らめく炎のような花

グロリオサ

グロリオサ
科名:ユリ(イヌサフラン)科
学名:Gloriosa
別名:キツネユリ
原産地:アフリカ 熱帯アジア
つる長:80cm~1.5m
主な開花期:7月-8月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(ふつう)

くわしい育て方

〔〕内は学名、G.はGloriosaの略

グロリオサとは

アフリカ、熱帯アジアに5種が分布するつる性植物です。春に球根を植えて夏に花を楽しむ、春植え球根として扱います。グロリオサの名前はギリシア語のグロリオサス(栄光ある・名誉ある)に由来します。和名のキツネユリは花姿をキツネに見立てたものです。葉の先端がつる状になり、他のものに絡みながら伸びていきます。

花びらは6枚、細めで上に反り返ります。色は赤や黄色でなんとなく揺らめく炎のように見えます。赤と黄色のツートンカラーになるものはコントラストが非常に良く、エキゾチックな雰囲気を持ちます。秋には茎葉が枯れて、冬は球根の状態で越します。

球根は細い棒状で2又に分かれており「八」の字みたいになっています。芽はそれぞれの先端から出ます。市販品は真ん中でぽっきり折られた1本の棒状のものを「1球」としていることもあります。

「八」の字型の球根や、葉先がつるになるところは同じ科のサンダーソニアと似ています。

種類

ロスチャイルディアナ〔G. rothschildiana〕
アフリカ・コンゴ原産で、最も普通に栽培されている種です。花は黄色と赤のコントラスが美しいです。花びらは長さ10cmほどになる大輪種で、切り花にもよく利用されます。濃いピンクに黄色の縁取りが入る’ローズ・クィーン’などの園芸品種があります。

スペルバ〔G. superba〕
熱帯アフリカ原産。花びらは細くてほぼ直立し、フチにはきついウェーブがかかります。花の咲き始めは黄色ですが、咲き進んでいくと先端から朱色に変色していきます。スーパーバとも呼ばれます。

スペルバ 'ルテア'〔G. superba 'Lutea' = G. lutea〕
レモンイエローの花を咲かせる園芸品種です。性質はやや弱い。

シンプレックス〔G. simplex〕
熱帯アフリカ原産、花びらの長さは5cmほどの小輪種です。花色はオレンジ。

関連するページ
グロリオサの育て方
ユリ科
球根植物