ヤサシイエンゲイ 私家版

ヒマワリを小さくしたような

サンビタリア

サンビタリア
科名:キク科
学名:Sanvitalia procumbens
別名:ジャノメギク
原産地:グアテマラ メキシコ
草丈:20cm〜30cm
主な開花期:6月-11月
栽培難易度:バー バー バー バー バー
(そだてやすい)

くわしい育て方

〔〕内は学名、N.はNeriumの略

サンビタリアとは

サンビタリアの仲間は北米南部から中南米を中心に約7種が知られます。その中でも主に園芸で栽培されているのはグアテマラからメキシコに分布する、サンビタリア・プロクンベンスとその園芸品種です。春にタネをまいて、夏から秋に花を楽しんでその後枯れる、春まき一年草として扱います。日本には明治時代に入ってきました。

茎は立ち上がらずに這うように広がっていき、細かく枝分かれして茂ります。茎や葉には短い毛が生えており、触るとざらざらした感触です。花は黄色やオレンジで中心部分が黒褐色になります。その姿からジャノメギクの別名があります。花の大きさは径2cmほどで、ひまわりをそのまま小さくしたような姿です。在来種は草姿が乱れやすく花付きがややまばらですが、園芸品種は草姿のまとまりがよく花もたくさん咲くのが特徴です。代表的な園芸品種に半八重咲きの’スプライト’や花の中心部分が緑色になる’アイリッシュ・アイ’、花付きの良い'アズテック・ゴールド'などが知られています。

属名のサンビタリアは人名に由来します。種小名のプロクンベンスは「ほふくする」の意です。英名は「メキシカン・クリーピング・ジニア」直訳すると「メキシコのほふくするジニア(ヒャクニチソウ)」です。確かに葉っぱの形や感触はジニアに似ています。花はさほど似てるとは感じません。

関連するページ
サンビタリアの育て方
サからはじまる植物
キク科